〒564-0053 大阪府吹田市江の木町12番27号

営業時間 8:30~17:30(月~金)

 

列車 非常通報装置

本装置は、列車運行中に車両内で非常事態が起きた際、乗客が乗務員へ通報、及び双方向通話をするための装置です。また乗務員がすぐに応答できない場合は、列車無線回線を介して運転指令へ通報を転送します。

【設置箇所】

列車の前後の車両内(運転席)に非常通報装置〈親〉を設置し、客室各車両内に非常通報装置〈子〉を設置します。

【通話接続】

列車内の通話(乗客←→乗務員)には有線インターホン装置を用い、列車外への転送及び通話(乗客←→運転指令)は列車無線電話装置を経由して行います。

3つの特徴

  • ①インターホン機能

    ・車内双方向通話
    非常時、乗客は最寄りの非常通報装置〈子〉のスイッチを押して乗務員を呼び出します。
    非常通報装置〈親〉側では、呼び出しを知らせるブザーが鳴り、乗務員が受話器を取ると乗客と双方向通話をすることができます。

  • ・車内放送連携
    非常通報装置〈親〉には車内放送連携機能も備わっており、乗務員からの案内を放送することができます。
  • ②乗客←→運転指令(遠隔)通話

    ・自動転送
    乗客(非常通報装置〈子〉)からの呼び出し時に、乗務員(非常通報装置〈親〉)が一定時間応答しない場合は、自動で列車無線電話装置を経由して運転指令(指令卓)へ転送します。
    転送後は、乗客と運転指令の間で無線電話通話が可能になります。
    ※指令卓への転送時間は、ご指定の時間に設定可能です(出荷時)。

  • ・車両特定
    非常通報装置〈子〉からの通報転送時、指令卓では、通報した列車の編成番号と号車番号を特定することができます。
  • ③自動運転でも安心

    列車自動運転やワンマン化を運用される場合も、本装置を活用いただくことで、乗客と乗務員または運転指令が通話することができますので、列車の安全運行につながります。

列車自動運転やワンマン化にあたっては、乗客と運転指令との通話装置を確保する必要があり、この「列車 非常通報装置」により実現可能です。

ワンマン化における導入事例

【システムの説明】

・アナログ無線を使って、デッドマン信号や、非常用インターホン(非常通報装置〈子〉)からの通報を指令卓に送ることができます。
・車両前後に操作器(非常通報装置〈親〉)と列車無線を設置しています。
・アナログ周波数1波でシステムを構成しています(単信)。
・ワンマン化や自動運転に対応した無線システムです。
・伝送する信号は個別IDを持ち、車両の特定ができます。
・指令卓では、どの車両からデッドマン信号や非常通報があったか表示されます。
 ※車両数が多い場合は車両表示器を別途設置します。

製品の概要・仕様

列車 非常通報装置〈親〉

設置箇所:前後の車両(運転席)に各1台

緊急地震速報装置

・本装置は、非常通話装置〈子〉に接続し乗客と乗務員が通話するための装置です。

・客室の非常通報装置〈子〉からの呼び出しがある際に、非常通報装置〈子〉の乗客と双方向通話をすることができます。

・乗務員が通話できない状況の場合、乗客は列車無線回線を介して運転指令と通話することができます。

・車両の放送設備に接続することで、プレストークボタンを押しながら車内放送することができます。

製品仕様

サイズ(mm) W200×D60×H280
構造 壁掛け型・電話機タイプ
電源 DC+13.8V(電源装置から供給)
環境条件 温度:−10℃〜+50℃
湿度:周辺温度35℃に置いて95%以下
(結露しないこと)
主な機能 ブザー機能
車内放送連携機能

列車 非常通報装置〈子〉

設置箇所:全車両(客室)に各1台

緊急地震速報装置

・本装置は、非常通報装置〈親〉に接続し乗客と乗務員が通話するための装置です。

・非常時に乗客がボタンを押すことで、非常通報装置〈親〉の乗務員と双方向通話をすることができます。

・乗務員が通話できない状況の場合、乗客は列車無線回線を介して運転指令と通話することができます。

製品仕様

サイズ(mm) W145×D77.3×H235
構造 壁掛け型
電源 DC+13.8V(電源装置から供給)
環境条件 温度:−10℃〜+50℃
湿度:周辺温度35℃に置いて95%以下
(結露しないこと)
主な機能 マイク機能
スピーカ機能

関連情報

株式会社大日電子 〒564-0053 大阪府吹田市江の木町12番27号 TEL:06-6339-6299
ページ上部へ戻る