〒564-0053 大阪府吹田市江の木町12番27号

営業時間 8:30~17:30(月~金)

 

温度測定・記録装置(⼩型温度メモリボタン+計測データ管理システム)

低価格の温度記録計 超小型「温度メモリーボタン」|正確に働く遠隔制御装置を作る株式会社大日電子
 

リーズナブルで便利な温度記録装置

製品概要

食品・倉庫・機器類などの温度管理に最適な、温度計測・記録装置です。
温度メモリボタン、パソコン接続用の読み取りアダプタ、温度メモリボタン装着用ホルダ、ソフトウェアCDをセットで用います。

小型(直径17.35mm)の温度メモリボタンに電池が内蔵されており、温度を計測したい場所にセットすると温度が記録されます。
パソコンに専用ソフト(TMBシステム)をインストールし、温度メモリボタンの計測設定や計測結果データの管理を行います。
計測したデータはCSV形式へ変換することもできます。グラフ化することもできるので計測データの分析にも便利です。

特徴

  • どこでも簡単に設置できる⼩型メモリボタン
  • 広範囲の温度計測が可能(−40℃〜+85℃)
  • 計測間隔は1分〜255分間隔で設定可能
  • 1回の計測につき最⼤2048データ連続温度記録
  • 計測データのCSVファイル出⼒が可能
  • 2種類のグラフ表⽰が可能(温度推移グラフ、温度分布グラフ)

価格(税別)

TMBシステム
・ソフトウェアCD
・取扱説明書
・読み取りアダプタ
・温度メモリボタン装着⽤ホルダ
44,000円
/⼀式
温度メモリボタン(DALLAS社製) 9,500円
/1個
ボタンフック 500円
/1個

※送料、代⾦引換⼿数料は別途頂戴します。

さまざまなロケーションや環境での温度管理が可能

⼈が⼊れない場所にも設置できます

講演会
▲100円玉との大きさ比較

ボタンサイズが直径17.35mmと小さく、さらに広範囲の温度に耐えるため、人が入れない狭い場所や低温・高温環境、またX線やガスを使用する空間にも設置することができます。

航空機にも載せることができ、精密機器などの製品を輸出する際の温度調査にも役立ちます。

使⽤例

冷凍・冷蔵食品の温度管理に
冷凍食品や腐りやすい弁当などに温度メモリボタンをつけて運送中の温度を記録し、管理温度を超えなかったかを知ることができます。

薬品などの保管や製造時の温度管理に
「医薬品の適正流通(GDP)ガイドライン」に基づく保管施設の温度管理、輸送時の温度管理、また製造工程における温度管理等に応用することができます。

倉庫や工場の温度管理・省エネ化に
倉庫、工場、作業場、事務所などの温度調査を行い、職場環境の改善や省エネ化に役立てることができます。

システム構成・使⽤⽅法

システム構成

 

使⽤⽅法

  1. [TMBシステムソフトをインストールしたパソコン]と[温度メモリボタン装着用ホルダ]を接続し、ホルダに[温度メモリボタン]を装着します。
  2. ソフトからボタンへ計測条件を設定し、ボタンをはずして温度を計測したい箇所へ置きます。
  3. 計測が完了したらボタンを回収し、装着用ホルダに装着してパソコンで計測データを取り込み、表示・保存・管理します。
▼メイン画⾯(計測結果を⼀覧表⽰)
▼計測結果表⽰(計測結果を個別表⽰)
▼温度推移グラフ(最⼤5件まで重ねてグラフ表⽰)
▼温度分布グラフ(上限温度・下限温度のアラームを⾊分表⽰)
表⽰機能 機能
一覧表示
個別表示
推移グラフ
分布グラフ
計測ログ
上限・下限アラーム
平均値
最大値
最小値
記録日時
時刻設定
計測間隔設定
上限・下限アラーム設定
ボタン名称設定
メモ記入
移行ファイル入力・出力
CSVファイル出力
データ読出
データ消去
データ削除
各種印刷

ボタンフックの使い⽅

ボタンフックを使用することで、温度メモリボタン読み取りホルダへのボタン着脱をスムーズに行うことができます。

また空気中の温度を計測したい場合は、ボタンフックに紐を取り付け、吊り下げて計測することができます。

製品仕様

TMBシステム(計測データ管理システム)

型名 SLA-2631
動作OS WindowsXP/7/10/11
ハードディスク 上記OSが作動するパソコン
メモリ 推奨メモリ32MB以上
インターフェース USB

温度メモリボタン

型名 SLA-2604
サイズ 直径17.35mm 厚さ5.89mm
材質 外装:ステンレスケース製(日常生活防水)
重量 約3.3g
温度計測範囲 −40℃〜+85℃
温度最小単位 0.5℃ステップ
温度精度 ±1℃(−20℃〜+40℃)
±2℃(−40℃〜−20.5℃、+40.5℃〜+85℃)
時計機能 年・月・日・時・分・秒
温度アラーム 2点(高温・低温アラーム)
計測時間間隔 ±1分/255分を1分単位で設定
記憶容量 最大2048データ連続温度記録

温度メモリボタン製品寿命参考資料

温度メモリボタンの製品寿命については下記表をご参照ください。
※下記表は製品寿命を保証するものではありません。あくまでも目安としてご参考にしてください。

計測間隔
1分
間隔
10分
間隔
30分
間隔
計測温度環境 −40℃ 5年 7年 8年
−20℃ 5年 8年 9年
+15℃ 5年 9年 10年
+40℃ 4年 6年 7年
+60℃ 2年 2.5年 3年
+80℃ 0.3年 0.4年 0.5年
  1. 使用温度・保管温度に大きく影響を受け、特に50℃以上の高温域では著しく消耗します。
  2. 当製品寿命は最大10年間です。
  3. 延べ計測数が100万データを越えた場合は、上記寿命に関係なく使用できなくなります。
  4. 上記製品寿命は、使用開始してからの年数ではなく、購入してからの経過年数です。
  5. 計測可能間隔は最小1分から最大255分までです。

関連情報

  • 子局モニター装置

    無線局のログや放送を“遠隔で”チェックできる装置です 「子…
  • IP変換装置_実装型|正確に働く遠隔制御装置を作る株式会社大日電子

    IP変換装置

    本装置は、端末間で音声及び接点情報をデジタルデータへ変更し、IPネットワ…
  • 光回線 接点情報伝送装置

        【光回線 接点情報伝送装置】 光回線接点情…
  • スプロテグS_伝送装置|正確に働く遠隔制御装置を作り、無線の伝承と発展を続ける株式会社大日電子

    スプロテグS

    ~2021年6月30日をもって製造終了となりました~ https:…
  • スプロテグM2_伝送装置|正確に働く遠隔制御装置を作り、無線の伝承と発展を続ける株式会社大日電子

    スプロテグM2

    ~2021年6月30日をもって製造終了となりました~ https:…
株式会社大日電子 〒564-0053 大阪府吹田市江の木町12番27号 TEL:06-6339-6299
ページ上部へ戻る