〒564-0053 大阪府吹田市江の木町12番27号

営業時間 8:30~17:30(月~金)

 

無線機の「新スプリアス規格」対応は、大日電子にお任せください!

新スプリアス規格の対応はお済みですか?

無線機のスプリアス規格の改正

無線機のスプリアス規格の改正により、2022年11月30日以降、旧スプリアス規格の無線機は使用できなくなります。今お使いの無線機は新スプリアス規格対応でしょうか?

「そろそろ対応を」とお考えの企業様、
通信機器専門メーカー大日電子へご相談ください。

大日電子は通信機器専門メーカーとして新スプリアス規格対応機器を取り揃え、また各種の対応方法を熟知し、申請対応等の経験も積んでおります。

貴社に最適な対応プランをご提案の上、新規格へのスムーズな移行をしっかりとサポートさせていただきますので、どんなことでもお気軽にお問い合わせ・ご相談ください。

新スプリアス規格について

新スプリアス規格とは

スプリアスとは、無線機を送信させた時に、希望波(目的の電波)と一緒に送信される不要な電波のことです。
この不要な電波をできる限り低減させることによって、電波利用環境の維持・向上及び電波利用の推進を図るため、国際的な無線通信規則(RR)の改正が行われました。

RRの改正を受け、日本国内でも2005年12月11日に、新たなスプリアス発射の強度の許容値(新スプリアス規格)に電波法令が改正されました。

旧規格機器の使用期限は、2022年11月30日です

経過措置として2022年11月30日までは旧許容値の適用が可能、つまり旧スプリアス規格の無線設備(不明なものも含む)の使用が可能とされていますが、2022年11月30日以降は新スプリアス規格に適合した無線設備の運用が必要となります。

今お使いの無線機は、そのまま使い続けられるものですか?

2007年11月30日以前に製造された無線機は、旧スプリアス規格で製造されているため、上記の期限を過ぎると使用できなくなります。

今お使いの無線機の規格がご不明な場合は、機器の情報を元に弊社でお調べすることも可能です。
まずはお気軽にお問い合わせください。

新スプリアス規格への主な対応方法は2つ

新スプリアス規格への主な対応方法としましては「機器の更新」もしくは「実力値の測定」があります。

弊社は各企業様の方針やご事情等を踏まえ、より細かな対応方法も含めてご検討いただけるよう、丁寧にご説明・ご提案しております。下記をご一読の上、ぜひご相談ください。

新スプリアス規格への対応方法(1)機器の更新

機器の更新

新スプリアス規格に適合した無線機に取り替え、総合通信局へ申請する方法です。

コストはかかりますが、もっともシンプルかつ確実な方法といえるでしょう。

新スプリアス規格への対応方法(2)実力値の測定

実力値の測定

有資格者が無線機のスプリアス値を実測し、総合通信局へ申請する方法です。

測定したデータが新スプリアス規格に合致していれば総合通信局へ申請、同局が届出書を受理することにより引き続き無線機の使用が可能となります。

フィルタを設置し、新スプリアス規格に対応する方法もございます。詳細はお問合せ下さい。

大日電子は、新スプリアス規格にしっかりと対応!

「新スプリアス規格」対応は、大日電子にお任せください!

大日電子は総務省より「登録検査等事業者」の認定を受けています。
通信機器専門メーカーとしての現場経験や申請経験も豊富ですので、ご安心してお任せください。

・新規格対応のアナログ60 MHz、150 MHz、400MHzの各種無線機を取り揃えております。
・オーダーメイドでお客様のご要望に沿った無線機を製作することも可能です。
・機器更新に伴う総合通信局への申請手続きもサポートさせていただいております。

さらに、設計からフィールドサービスまで一貫してご提供しています。

  • 他社装置とのシステムアップも!
    既設装置に合わせた設計、他社装置との接続実績も豊富です。
  • 毎年の保守も、急ぎの修理対応も!
    定期的な保守点検はもちろん、急な修理にも迅速に対応いたします。
  • 回線設計も!
    難聴区間の解消や通話品質の向上に貢献しています。
    将来のデジタル化を見越した提案もお任せください。

「新スプリアス規格対応」についてのPDF資料もご用意しております。
(A4用紙1枚でプリントアウトしていただけます)

株式会社大日電子 〒564-0053 大阪府吹田市江の木町12番27号 TEL:06-6339-6299
ページ上部へ戻る